仙台で看護師をしている私のモットー「初心を忘れない」

母親が白内障の手術をうけることになりました。白内障の手術では感染リスクを回避するために抗生剤が処方されます。母親にも点眼の抗生剤と内服の抗生剤が処方されました。
薬を調剤薬局で処方し説明をうけます。
薬剤師は「抗生剤を飲むことで便が柔らかくなったり、下痢をしたりすることがあるので、あまりにも症状で困った時には病院へ相談して下さい。整腸剤をおだしすることになります」との説明を受けました。
私は看護師をしています。抗生剤による偽膜性腸炎のことを言っているとすぐに分かりました。

そして手術を終え翌日に傷の処置に行った母親は下痢になっていることを受付で伝え相談しました。受付のスタッフは「下痢は出した方が良いんです。」と一言伝えただけで母親の意見は無視されました。
その場で母も「分かりました」と帰りました。帰ってからその話を聞いた私は、怒りで苦情の電話をしようと思いましたが、これからの関係性を考えると母親の為に良くないと思い我慢しました。
抗生剤による下痢はウイルスの下痢とは違い、腸内環境レベルの話である事を受付の人は知らなかったのかもしれません。
また、下痢は出すといった家庭のおばあちゃんの知恵的な考えで病院の受付に病院の顔として座っているのも問題ではないかと思いました。
医療の知識がある人の意見としては下痢で体から水分を出した状態になるとどうなるか、脱水や電解質異常による合併症の方が危険なのではと考えてしまします。

また、外来に勤務していた時に受付のスタッフが病院受診を断ったことで、救急車で搬送されて亡くなった人もいました。
他にも受付スタッフの判断で夜間の通常診療を歩いて受診した患者は心筋梗塞であり緊急にカテーテル治療をした患者もいました。一命はとりとめましたが、何があってもおかしくない病態でした。
途中で不整脈が起こったり、一度流れた血栓が再度つまっていたら死んでいたかもしれません。病院の顔である受付スタッフの質の高い対応と医療者としての知識の向上に努めて欲しいものです。
私も仙台で看護師として頑張っています。出産でしばらく休職していましたが、育児と仕事を私のペースでできる職場を探していたところ、このサイトで見事転職に成功しました。
参考サイト※看護師求人|仙台市で好条件の職場の探し方【※私の転職体験談】
私も含めて、初心を忘れないようにしていきたいです。

地方で高収入薬剤師待ってます

いつものように仕事をして、帰宅前に休憩室でちょっと一服していると
(なんかちょっと体調変かも…)
その時はなんとなくの違和感だけだったので、あまり気に留めていませんでした。
よし、帰ろう。通勤は徒歩なので職場を出て歩き始めました。

自宅が近くになるにつれ(ん?…なんか体調悪いかもこれ…なんだこれ)
初めての感覚でした。
あまり大きな病気や体調不良をしたことがなかったので、初めての感覚でした。
なんか変!!
家についてとりあえず横になって休んでいると、だんだん吐き気がこみ上げてきました。
嘔吐。嘔吐。
なんだこれ!?もうひたすら気分が悪い。
疲れてるのかも…ととりあえず早めに就寝。

翌日、目を覚ますと、(お?大丈夫そう…)しかし身体を起こしたとたん、めまい、吐き気…とりあえず嘔吐。
でも仕事行かなきゃとシャワーを浴びるも立ってられないほどのめまいと吐き気。
(あ、これあかんやつだ…!)
上司に連絡しその日はお休みに。
前日の段階で連絡すればよかったのでしょうが、寝て起きたら治ってるだろうと軽く考えていました。
そしてその考えはまだそのままで、とりあえず寝ることに。
夕方目が覚めて、まだ気分が悪い。嘔吐。
この時点ではじめて
(これ胃腸炎かな!?)と自覚しました。

その時にはもう病院はやっていない時間帯。
家には独り。
(どうしよう…)とりあえずスマホで夜でもやっている近所の病院を調べる…ちょっと遠い。
タクシーか…
体調が悪すぎて外に出られる気がしない……近所に住んでいる同期に付き添ってもらえないか電話しようとするも出ない。
(夜勤か…)
もう決心してタクシーを呼び、ビニール袋を口にあてながら病院へ。
幸い車内での嘔吐はなし。
というかもう吐くものもない状態。
※ウィルス性胃腸炎の可能性もあるのでタクシーとか乗ったら本当は大変な迷惑なのでいけないと思いますが…
病院で気休めの点滴をしてもらい、帰宅。
やはり胃腸炎でした。1週間のお休みをもらい療養

翌日は比較的近い内科へ行き点滴。水分が全然取れ(水すら気持ち悪くて飲めない!)ていなかったので、点滴だけでかなり楽になりました。
不快感は単に胃腸炎だけでなくそれによる脱水もあった模様。
1週間で徐々に回復し、食事もやわらかいもの~だんだん硬くとしていきました。

何がしんどかったかというと、とにかく動けないので、
食べ物も買いに行けないし、病院も大変。
こんな時、誰かいてくれたらな…とつくづく思いました。
独り身はちょっとした体調の変化も軽く考えず、動けるうちにすぐに病院に行った方が良いです!
相談できる、行きつけの調剤薬局もあればとも思いました。
ここは少し世間で言うと、地方(笑)ですがとても住みやすくいいところです。知り合いが薬剤師をしていますが
その人は地方の調剤薬局に就職されたんです。その人曰く、美味しい物も食べ、自然もいっぱい
何より稼げるんだよって言ってました。※参考サイト薬剤師求人地方

自分もしんどいし、職場にも迷惑をかけてしまいました…
ちなみに、水すら飲めないくらい気持ち悪くても、水分を取らないと脱水症状を起こして大変です。
今回の経験として、水よりも水で薄めたスポーツドリンクのほうが摂りやすかったです。
学生の頃に、先生がこういう時はスポーツドリンクを水で薄めて少し塩をいれた物を飲むと良いと言っていたのを思い出してやってみました。
なぜ薄めるのかというと、胃腸が弱っている時はスポーツドリンクの糖分が刺激になってしまうからだそうです。

あと余談ですが、
嘔吐を抑えるために内臓の動きを抑える薬を服用していたのですが、
症状が良くなってからも嘔吐が怖くてしばらく服用を続けてしました
すると…とんでもない便秘に!
すごい腹痛!でも力んでも出ないくらいカチカチ!!
腸の動きも弱めるので、便も動きが悪くなっちゃうんですね…
今までで一番辛くて痛い便秘でした。
ほんとに大変…皆様気をつけて下さい。

かかりつけ薬剤師って何? 調剤薬局で初めて説明を受けました

かかりつけ医を持つと良いというのは、前から聞いて知っていました。風邪を引いた時、お腹が痛くなった時など、かかりつけのお医者さんを決めておくと、何かあった時にとても助かりますよね。病院を変わると、今飲んでいる薬の種類や、過去にどんな病気にかかったか? 手術歴や既往症、今までどんな薬でどんな副作用があったか? といった細かいことをすべて新しい医師に説明し直さなければならないのは、患者にとって負担がとても大きいことです。

また、子供の時にかかった病気などは、遠い昔のことなどで忘れてしまっていることもあり、医師に尋ねられても、自分のことなのに、「さあ、どうだったかしら?」となってしまいがちです。かかりつけ医を決めておくと、カルテが記録として残されていたり、医師自身がこの患者は過去にどんな病気をしたかを把握していてくれることもあり、いちいち、患者が説明しなくても、医師の方から、「あなたは~系が弱いので、気をつけてくださいね」 といったアドバイスをもらえます。
また、「どのような系統の薬で過去に副作用が出たか」についても、カルテにちゃんと記録してあるので、説明しなくても、適切な薬を出してもらうこともできて、とても便利ですよね。

今は、薬剤師さんについても、かかりつけ薬剤師を決めて、決まった薬局にかかるというシステムがあるようです。先日、調剤薬局に行った時に、かかりつけ薬剤師について説明を受けました。担当の薬剤師を1人決めておくことで、他の医療機関や、薬局で受け取った薬や、市販薬、サプリメントなどを専任の薬剤師がまとめて把握してくれ、重複した薬がないか、薬同志の副作用や、薬とサプリメントの相互作用が出ていないか、などを総合的にアドバイスしてもらうことができるのだそうです。

薬や健康維持に関する相談は、いつでもできます。夜間休日でも対応してくれるので、患者にとっては嬉しい制度です。ただ、このシステムを活用するためには、おくすり手帳に、過去にもらった薬を含め、全ての薬の記録を記載しておくことが必要になります。ドラッグストアで、複数のサプリメントなどを購入する機会の多い現代では、かかりつけ薬局の制度はとてもありがたい制度ですね。

追記:その後、かかりつけ薬剤師さんと、すっかり仲良くなった私ですが、彼女は転職して今の薬局に勤務しているそうで、こちらのサイトを参考にしたそうですよ。
⇒ http://xn--gmq12gnsam1cfzwknap82f9o0c.com/

私の元彼は、ぽっちゃりが好き。婚活サイトで付き合いました。

ずっと前のことです。

私が中学生のとき付き合っていた元彼は、4歳上の大学生でした。
心の弱かった私に彼は、頻繁に連絡をくれたり会ってくれたり、相談にも乗ってくれる素敵な男性でした。

そんな彼に私はすぐときめいてしまい、告白をしようと決意しました。
仲良くなってから1ヶ月ほどのことです。
ちょろい女とも思われるかもしれませんが、「そのとき」は本当に好きだったのです。

消え入りそうな声で「好きです」と言ったら、彼も嬉しそうに「ありがとう。これからもよろしくね。」と言いました。

思えばそこからおかしかった。
そう、あちらは「好き」とは言わなかったのです。

当時の私はそんなことも気が付かず、毎日のように電話したり、毎週のようにデートにでかけたりしていました。
でも、彼はどこか素っ気ないような態度でした。
その態度を心配した私は、たくさん話しかけたり笑顔を向けたりしていました。彼にもっと好かれたくて。

でも、彼はそれからもずっと元気がないというか、普通に話しているけど冷たいような、変な空気になっていました。

その空気にちょっと疲れ始めていたとき、夕方に電話で今から会える?とのお誘いが。
小さな期待を胸に、待ち合わせ場所の公園に行きました。
いつも通りの微妙な空気のなか。話をしても、やっぱりあまり楽しくはないです。
そしてすっかり暗くなったので家まで送るという彼。
その言葉に嬉しくなり、彼をちらちらと見ながら歩いていると、彼がぼそっと衝撃の言葉を口にします。

「実は、俺ぽっちゃりが好きなんだ」

場が本当に固まりました。頭が真っ白というのはあのときのようなことを言うのでしょう。
「きみが俺のことを好きで、付き合えば幸せになれるならと思って」

言いようのない惨めな気持ちを感じました。
恋愛って二人が幸せにならないと意味ないと思います。私だけが楽しいなんて、すごく虚しくて申し訳ない反面、なぜ付き合ったの?という気持ちでした。別れるときのことを考えていなかったのか?

色々なことを考えているうちに、彼は「じゃあ、元気でね」なんて言って去っていきました。
好きになれない相手なんて付き合うべきじゃない。
優しくされたから、とかそれだけの理由で付き合うべきでもない。

以上、どっちもどっちのおかしな恋愛談でした。婚活サイトにはぽっちゃりが好きな人も結構多いですよ。⇒<<婚活サイトぽっちゃり>>

薬剤師はブランクがあると再就職は難しいかな?

自分自身、医療事務や反対に患者になったりした経験から、
病院に診察に行っても、入院しても、家族が病気になっても
大体話、そして薬剤師同士や医師と看護師の会話から
安直に内容がわかり、
向こうからはありがたがれる。

が、今は母が持病で大きな病院に転院してから
検査の度に色々病気が発覚していく

本人はただ「○○が気になるからと検査する」としか
分からないと言う。

わたしが色々突っ込むから母は一緒に病院に行きたくないらしい。

わたしからすると、目的が分からない検査受ける気になるなと思うけど
本人は気にしていない。

どうして気にならないのか?と聞いたら
聞いても分からないから。
ということであります。

なので、病院側も納得したと思い検査などする。
そして処方せんを発行して、投薬。
わたしは、こんなのは嫌だ。

原因の一部に
「外来診察時間の短さ」
があると思います。

予約時間設けてもなぜか遅れていくシステム、薬局でも待ち時間が長い。

分からなければ納得いくまで解説してくれるシステムが
あれば一人の患者に何人もの付き添いやら
いらないと思います。

最近、高校生の子供がインフルエンザにかかりました。
通ってる高校には専用の証明書を書いてもらうことになっており
インフルエンザで病院受診したのは久しぶりだったので
すぐ、証明書書いてくれると思い込んでたら

「発熱が下がって24時間経ったら書けます」
聞いたら、規定が変わったとのことで
そして、いざ、書いてもらおうと病院行こうとしたら
土曜日全面休診の病院で書いてもらうことができず

診療所で受けた別の子は当然すんなりかいてもらえたという。
もちろんタミフルもすぐにもらって帰宅してすぐに服用。

預かってもらうだけでもできないものなのか?と思いました。

先日わたし自身がえらくお腹が痛くなり、トイレに何度も通っていたが
仕事に行くじかんになってもトイレから離れなれない状態で
イヤミを言われる覚悟で電話で欠勤の旨を伝えたら
「病院行ってください」
と言われ休めたもののこれも土曜日
病院がない。

あらゆる手を尽くして何とか探せたものの

色んな病院で聞いたセリフ

「外科の先生しかいませんので対応できません」
「今日は薬剤師がいないのでお薬は明日にして下さい」

何やったら対応してくれたの?と思いました。
外科の先生は内科診れないの?薬剤師さんは毎日出勤してないの?
そこの線引きは何?

ブランクのある薬剤師さんでも構わないので是非、毎日出勤して欲しいと思います。
そんなときは、薬剤師求人ブランクを参考にして下さい。

色々テレビ番組とか医療ドラマありますけど
現実はまだまだ患者と病院の壁は高いと思います。

正月はお雑煮をパクパク

2017年2016年が過ぎて2017年になりました。
正月の初め、とても嬉しかったことは何といってもまずお雑煮を食べて正月をのんびり過ごせたことが、今年一年の始まりを感じました。

お餅が美味しくて朝のお雑煮は3つ食べて、3日まで食べ続けました。少し太ったのか、痩せたのか分からないけれど、ゆったり過ごすことができました。正月は比較的にあまり寒くなくて平和な正月でした。昼間は暖かい日もあり、朝はお雑煮で暖まったり、昼間は簡単なもので、夜はおでんや、カレーライスなどホクホクしたようなものを食べて過ごしました。

正月の初めには健康運のお守りも買いました。去年はとても親しい人を作れたので、一緒に正月のお守りを買いにいったり過ごせた日もありました。とてもいい正月でした。元旦は百貨店で1000円の中村屋のお菓子の福袋を買いました。中身はマカロン、あられ、カステラ、せんべいみたいなものでした。1000円でも人気の高い物は買えてよかったです。

しかし、少し失敗したのが、ズボンを買ったことです。百貨店でズボンを買ったのはいいですが、1週間で穴が開いた部分が出てきてしまい、思わずびっくりしてしまいました。古着屋で買うか、しまむらで買えばよかったかなと思ったけれど、これもいい思い出だけれど、後の祭りでした。

元旦は久しぶりに大きな公園に行って、散歩したり、のんびり歩きました。元旦はほぼ買い物とかで埋まってしまいました。2日目とか3日目は自宅でのんびり過ごせたし、最近もすごくよく眠れてしまいます。これから寒くなるみたいなので注意も必要かもしれません。

今度の寒さのピークを過ぎれば寒さは落ち着く感じがしますが、寒いのが一番苦手です。正月は仕事を休んでゆったりできたのもよかったけれど、でも何かやっていないと落ち着かない部分もありました。今年一年が無事で健康で人付き合いもいいような一年になるといいなと思いました。